アパレル業界を目指すならフィットネスに取り組もう

屋内運動3

アパレル業界で仕事をしたい人はファッションについて詳しいだけでは十分ではないかもしれません。顧客のニーズや市場の動向についても詳しいことが求められる場合も少なくありません。アパレル業界にも様々な業務があるので、何か取り柄があれば生かして働くことができるでしょう。

フィットネスに取り組むのがその選択肢の一つとなります。

フィットネスに対する認識を新たにしよう

アパレル業界での仕事とフィットネスへの取り組みとの関係を考える前に、フィットネスに対する認識を新たにする必要がある人も多いでしょう。フィットネスは運動のことだと安直に考えてしまっている人もいますが、フィットネスと運動は同義ではありません。

フィットネスジムに通っている人の姿として、ウォーキングマシンを使ったり、バーベルやダンベルなどでトレーニングしたり、エアロビクスやヨガなどに励んでいるのを想像する人も多いでしょう。実際にジムの中を見てみてもそのような運動をしている人ばかり目に付きます。

しかし、ただのスポーツジムとは違って、リラクゼーションのためのスパやマッサージルームなどが用意されていたり、栄養士に健康相談ができたりするフィットネスジムもあります。フィットネスとは心身の健康状態が理想的な形になるように取り組むことを意味している言葉です。

運動不足の人が多い現代社会だからこそ、運動できるスペースを提供して健康的な身体作りを目指してもらえるようにしていると考えられるでしょう。このような視点を持つとアパレルとフィットネスの関連性を正しく認識できるようになります。

アパレルとフィットネスの関連性を考えよう

フィットネスに取り組む人のファッションを手がけているのもアパレル業界です。実はフィットネスに取り組むときにどのような服を着たら良いかは多くの人が悩んでいる課題なのです。

街中をジョギングするのも立派なフィットネスですが、人前で恥ずかしくないような服装で、かつ動きやすくて汗なども気にならないとなるとなかなか理想的な服が見つからないかもしれません。冬は寒さもしのげなければならないのでさらに要求が高くなります。

この問題は屋外でフィットネスに取り組んでいるときだけでなく、フィットネスジムやフィットネスクラブなどで取り組むときでも同様です。同じようにフィットネスに励んでいる人の目線があるのでどんな服を着たら良いかで迷ってしまう人も多いのが事実です。

できるだけ良い目で見てもらえるようになりたいと考え、おしゃれをしてジムに行こうと考える人もいるでしょう。このような人たちのためのフィットネスウェアをデザインして市場に出しているのもアパレル業界です。

その際に重視されているのは見た目の美しさだけではないので注意しましょう。フィットネスに本気で取り組んでいる人は健康を意識しています。運動のパフォーマンスが上がり、体に適切な負荷がかけられるウェアが良いと考えるでしょう。

また、蒸れて暑くなってしまうようなウェアは好まなかったり、十分に伸び縮みして動きを妨げないものを探したいたりする人もいます。このようなニーズに応えられるウェアを手がけられると売り上げが伸びると考えられるため、フィットネスに詳しい人材が求められているのです。

アパレル業界で何をしたいかを考えよう

アパレル業界で何をしたいのかを考え、その手段としてフィットネスとどんな形で付き合っていくかを考えるのも重要なことです。フィットネスジムに通って何となく健康のために取り組んでいるだけではあまり意味がありません。

アパレル業界で仕事をしたいと考えたら、情報収集をしながら、自分の体験を通して様々なことを語れるようになることが重要です。また、フィットネスジムで作り上げた人脈も使えるようになると良いでしょう。アパレル業界でどんな業務に携わりたいかによってどんな形でフィットネスに取り組めば良いかは異なります。

具体的にやりたいことを考えて、そのために最も良い方法は何かを考えてみましょう。やりたいことがわからないと取り組み方も決まらないので、まずは例を参考にして考えてみても良いかもしれません。

やりたいことに合わせてフィットネスに取り組もう

例えばファッションデザイナーとしてフィットネスウェアを手がけたいという場合には、実際にジムで自分が取り組んでみるのがベストです。ヨガをやってみればヨガウェアとして何が求められるかがだんだんとわかってくるでしょう。

様々な服を着てジョギングをしてみると、どんな素材が適しているか、どのようなデザインなら恥ずかしくないかというのが実体験からわかってきます。そして、周囲にいる人たちとのコミュニケーションを通して、独りよがりにならない視点でデザインを考えられるようになるでしょう。

マーケティングをしたいというときにも同様の取り組み方をすると顧客のニーズをつかみやすくなります。どちらかというとコミュニケーションを重視した方が良いでしょう。営業担当になりたい場合にはジムやクラブとのつながりも重要です。

会員として長く利用しているフィットネスジムに新製品の売り込みに行けば受け入れてくれる可能性も高まります。一方、アパレル業界でモデルになりたいという人もいるでしょう。フィットネスモデルは人気が高くなっているので、自分の心身を鍛えて芸術品に仕上げた上でオーディションで競争することになります。

本業として行うにはかなりの努力が必要ですが、ある程度は体型が整ったらアルバイトなどを探して取り組むという程度なら運が良ければ採用されるでしょう。その実績が積み重なっていけばプロとして働けるようになる可能性もあります。

話題のフィットネスやクロスフィットトレーナーayaについて知ろう

わからないことはジムやクラブで聞いてみよう

アパレル業界で働きながらフィットネスに関する情報が欲しいと思ったら、週末にでもフィットネスジムやフィットネスクラブに足を運んでみましょう。ジムやクラブのトレーナーやインストラクター、アドバイザーなどに指導を受けながら、ファッションや服の機能などについて苦情はないかといったことを聞いてみれば良いのです。

アパレル関係者だとわかると、普段からその人が思っていた不満や顧客が言っていた不満などを教えてくれるでしょう。ニーズを知る上ではジムやクラブは重要な情報源です。アパレル業界でフィットネスに関わる部分で活躍できるようになるためには実際に現場に行って色々な人に話を聞いてみるのがベストです。