フィットネスで楽しく快適に運動を行うためにはアイコンが重要

屋内運動11

フィットネスクラブやジムで運動を行うときに指導者やコーチと呼ばれる存在の人がいますね。その人とワンツーマンレッスンが毎回出来たらいいのですが、タイミングによっては個人レッスンになってしまう可能性もあります。

今では映像やイラストを使ったアイコンを見てトレーニングするフィットネスクラブやジムが多くなってきました。アイコンを使用することによって得られる会社と利用者のメリットについて解説していきます。

フィットネスの需要性について

近年、様々な形のフィットネスクラブやジムが拡大してきており需要が高まっています。24時間制のフィットネスクラブやジム、会員制、年会費制、高額料金のフィットネスクラブやジムがあります。様々なトレーニング施設ができた理由としては、健康意識が強くなってきた日本人の背景があります。

フィットネスクラブやジムに通う人の多くは健康意識が高い人です。健康維持のため、体力作りのため、ダイエットのためなどを理由に通っている人が多いことが特徴です。

ほとんどの施設は会員制で年会費をはじめ、月額料金制、1回ごとの料金制、チケット制など利用方法も様々ですが、共通していることはトレーニング機器を使用して運動を行うことです。トレーニング機器の使用方法を間違えてしまってはケガになってしまうこともあるので取り扱いには充分注意が必要になります。

需要が高まっている分、安全に配慮したトレーニングが行える施設は人気が高まりますので注意が必要だと言えるでしょう。

フィットネスで口述指導のメリットとデメリットとは

口述指導した場合の方法でトレーニングを行うことのメリットとデメリットについて解説していきます。フィットネスクラブやジムでは、ワンツーマン指導が最も効果的で安心、安全と言えますが、実際は指導者やコーチの人数は限られているため一人一人に付き添うことは困難になります。

口述で説明をしても専門用語があったり、難しい言葉で説明をされても利用者に上手く伝わることができません。また、トレーニングを行うためには姿勢などの体の動きが伴いますので、口述だけでは伝わりきれない部分があります。

利用者にとって分からないという問題を無くさなくては会員数は減っていきますね。そして、利用者も諦めてしまって通うことを止めてしまいます。利用者が求めていることを充分に把握して常々観察することや洞察力を持つことはジムにとって必要です。

また、口述指導はワンツーマン指導が出来る余裕のある施設だったら問題がないとも言い切れません。利用者にとって本領発揮するためには、ずっと指導者やコーチに見られていることも負担になり、過度な緊張感を与えて精神的に良くありません。

そのため、利用者と指導者、コーチとは適度な距離感が必要になります。常に近くにスタッフがいるスタイルは安全性を守るために必要です。

しかし、返って利用者の負担にならないように距離感を考えて指導することも重要になります。

フィットネスクラブやジムでトレーニング機器を使用する時の注意について

フィットネスクラブやジムでトレーニングに機器の使用の注意点ついて説明していきます。フィットネスクラブやジムではトレーニング機器を使用した運動がメインになります。トレーニング機器を安全に安心して使用してもらうためには指導者やコーチの充分な説明が必要になりますね。

利用者が間違った方法を行ってしまうとケガになるリスクがあり、重傷になる場合もあります。以前、トレーニングマシンを使用して指がトレーニング機器に挟まってしまい指を切断したという報告があったこともありました。

そのような事態にならないためにもトレーニング機器の使用については利用者だけではなく指導者やコーチも充分な理解が必要になってきます。トレーニング機器の使い方を説明する上で、口述指導という方法もありますが、最も分かりやすい説明方法としてアイコン素材を使用した方法があります。

アイコン素材とはトレーニング機器の使用映像を流したり、使用方法をイラストで描いた方法です。映像やイラストを使った方法では、耳の遠い人でも難しい言葉が分からない人でもスムーズに理解することが可能になるというメリットがあります。

トレーニングを行うことに関してトレーニング機器の使用方法を解説するためには口述だけではなくイラストや映像を交えた方法を使うことによって、利用者にとってより分かりやすく安全にトレーニング機器を使用することが可能になるということが分かります。

話題のフィットネスやクロスフィットトレーナーayaについて知ろう

アイコン素材を使用したトレーニングのメリットについて

屋内運動14

アイコン素材を使用したトレーニングのメリットについて解説していきます。映像やイラストを使用した解説方法では印象に残りやすくイメージをしやすい点から、より安全に楽しくトレーニングを行うことが出来るようになります。

その理由としては、人間の脳でも明らかにされています。人間の脳は大きく分けて、短期記憶と長期記憶があります。記憶は自分にとって大切だと認識した単語が長期間に渡って蓄積されていくものですが、口述解説の場合は全ての内容が大切なことであっても記憶に残らない場合があります。

それでは短期記憶だけに留まってしまいますので長時間記憶されることは無いと言えます。人間の脳には記憶するスペースが限られているので全てを覚えることは難しいです。そこで、単語のようにイラストになっているものを見ると、それ一つで大切なことが脳に記憶されます。

よって利用者も効率よく記憶して覚えていくことが出来るようになります。安心、安全を求めて楽しくイメージをしながらトレーニングを行うためには重要な要素とも言えます。

フィットネスで楽しく快適に運動を行うためには

フィットネスジムやクラブに通う人の多くは目的や目標を持って通っています。健康管理をはじめ、体力作り、ダイエットなど人それぞれに合わせた方法で運動を行いたいと思っています。トレーニングジムは大きな機器を取り揃えています。

それぞれの機器が目的に合わせた内容で作られており、個人の問題解消するための大切な機器です。しかし、安全が保たれない状態で行うことは非常に危険です。使用者の大切な体に傷を負わせてしまう可能性もありますし、1度不快な思いをしてしまうと利用者としても不安が募ってしまい今後通いたいとは思わなくなってしまいます。

不快な気持ちを持たせるためにトレーニングに来るのではなく、楽しくトレーニングをしたいという思いがある人の希望を叶えるためには機器を使用するための説明が重要になります。そのための方法の一つにアイコンがあることについて説明させて貰いました。

人間の記憶は一度に沢山のことを覚えることは困難です。また、覚えたとしても完全とは言えません。そのためアイコンを表示することは利用者の注意を促すことに繋がり、より効果的に安全にトレーニングを使用することへ繋がるでしょう。